よくあるご質問
厄除

  • 厄年とはなんですか?
  • 人間の一生のうち厄難に遭遇する恐れが多い年齢のことをいいます。厄年になった人はその年を忌み慎み過ごさなければならないと言い伝えられています。
  • 何歳が厄年ですか?
  • 時代や性別、地域によって異なりますが、次の年齢を厄年とするのが一般的です。年齢は数え年です。

    男性 ─ 25歳 42歳 61歳
    女性 ─ 19歳 33歳 37歳

    特に男性42歳 女性33歳を大厄とし、その前後の年も前厄・後厄として最も注意しなければならないとされています。
  • 子供にも厄年があると聞いたのですが?
  • 子供の厄年は、1歳 4歳 7歳 10歳 13歳 16歳ですが、「初宮参」「七五三参」「十三参」をしていれば神様がお守りくださいます。
  • 男は61歳、女は37歳で厄年は終わりですか?
  • 還暦を迎えたら厄年は終わりですが、現実的には毎年が厄年と思って過ごしてください。常々身の回りに注意しながら神様の御加護に感謝して、充実した老後を過ごすことが大切です。また、女性の社会進出が著しい世の中です。女性も42歳、61歳を厄年に順ずる歳と考えてください。
  • 数え年って何ですか?
  • 生れたときを1歳として正月を迎えるごとに歳を重ねる数え方です。誕生日を迎えた方は満年齢にプラス1、まだ誕生日が来ていない方は満年齢にプラス2してください。 厄年早見表を参照してください。
  • 厄除はいつすればいいですか?
  • 正月を迎えればできるだけ早く厄除の祈祷をお受けください。「満年齢」でなく「数え年」で判断しますから、元旦から厄年に入っています。
  • 厄年ではないのに悪いことが続きます。厄祓いをしたいのですが?
  • 人生にはいろいろなことが起こります。疫病神と総称されるいたずら好きの神様の仕業かもしれません。氏神様産土様に守ってもらえるように「厄災除」の御祈祷をお受けください。
目次に戻る