よくあるご質問
七五三

  • 七五三は11月15日だけですか?
  • 11月15日は鬼宿日といって何事の祝い事にも最良の日であり、さらに11月は秋の実りを神様に感謝する月、さらに旧暦の15日は満月にもあたり、この日が選ばれたのでしょう。
    現在では、11月前後にお参りする子供たちの姿が多く見られます。
  • 予約が必要ですか?
  • 神明社では10月半ばから11月下旬にかけて七五三のお祝いを受け付けています。
    土曜・日曜・祝日・県民の日・11月15日は予約は要りません。9時から16時までに社務所で受付をお済ませ下さい。平日は予約が必要です。電話でご予約ください。04-2922-3919
  • どのくらい待ちますか?
  • 土曜・日曜・祝日の10時半頃から13時頃までが最も混雑します。例年の様子では受付してから拝殿に入るまで、最も混雑した日で、1時間ほどお待ちの方がいたようです。朝と13時以降はほとんど待たずに入れます。
  • ご祈祷の時間は決まってますか?
  • 特に決まっておりません。9時から16時まで随時行います。社殿内での所要時間は20分から30分くらいです。
  • 家族全員拝殿に入れますか?
  • 拝殿内には最大80人くらい入れますからほとんど大丈夫です。ただ、混雑時には1家族4人までに入場制限することもあります。
  • 玉串料は決まってますか?
  • 七五三の場合はお祝いのお子様一人につき5,000円を目安に納めていただいています。
  • 他に用意するものはありますか?
  • 玉串料のほかに神様にお供えするものとして、「赤飯」「すあま」「餅」「酒」「菓子」などを納める方も多いようです。
  • 千歳飴はもらえますか?
  • ご自分で買われたり、美容院でいただく方が多いようです。二重になっても無駄になりますから、神社からは差し上げません。必要な方にだけ500円でおわけしています。
  • 写真スタジオはありますか?
  • 神社近隣の写真スタジオを紹介します。七五三詣のご案内
目次に戻る