夏越の大祓

六月三十日

心身についた罪穢れを祓い清めるため、
「大祓え」の神事を行います。
罪や穢れを移した形代を持ち、
境内の茅の輪をくぐり無病息災を祈ります。

大祓の神事

6月晦日(みそか)、心身についた罪穢れ(つみけがれ)を祓い清める為「大祓え」の神事を行います。

この半年間、知らず知らずの間についてしまった罪や穢れを形代(かたしろ)(※人の形をしたあがもの)に移します。

「水無月(みなづき)の夏越しの祓(はらえ)する人は千歳(ちとせ)の命(いのち)のぶというなり」という古歌を唱え、「蘇民将来(そみんしょうらい)」の故事に倣って、境内にある茅の輪(ちのわ)(※茅ちがやで作られた大きな輪)を左・右・左と三回くぐり清めます。

心身ともに清らかになってあとの半年を迎えます。

大祓は拝殿内で行うため、昇殿可能な人数に限りがあります。
ご参列希望の方は、前日までにご予約をお願い致します。
神明社社務所 04-2922-3919

日時: 令和元年6月30日(日)
13:00 15:00 18:00 20:00
祭典次第: 茅の輪くぐり神事 後 拝殿にて大祓詞奏上

※計4回行いますので、都合の良い回にご参加下さい。
(15分前までにはお集まり下さい)

夏越の大祓

受付: 令和元年6月22日(土)~6月30日(日)
玉串料: 一式3千円(神札・茅輪守り・家族分の形代・晦日祓)
※神札と形代のみは千円

※大祓の神事に参加できない方は、6月30日迄に御神札と形代を受けて茅の輪をくぐって下さい。

一覧に戻る