秋季例大祭

九月十五日

最も重要なお祭りで、巫女舞の奉納、
神楽殿において竹間澤里神楽が奉納されます。

年間の祭典において最も重要なお祭りです。毎年9月15日に行われます。

祭典後、竹間澤神楽の巫女舞と御神楽が奉納されます。竹間澤神楽とは川越藩の神楽師として活躍していた前田筑前の社中に伝わった神楽です。

式三番で幕をあけ、夜遅くまで芸術性の高い壮麗なお神楽が奉納されます。

祭典 11:00から
巫女舞の奉納 15:00頃
御神楽の奉納 16:00頃~20:00
演目 「住吉三神~寿式三番叟~」 「三輪の神杉」 「熊襲征伐」

秋季例大祭神楽

住吉三神~寿式三番叟~

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、妻 伊邪那美命(いざなみのみこと)を迎えに黄泉の国に行きました。しかし変わり果てた、妻の姿を見て逃げ帰ってきました。黄泉の国から帰って、阿波岐原(あわぎはら)の水で身を清めているときに現れた神様が、最初に登場する住吉三神の神です。

本日の神楽はここから本舞台となります。水の上から現れた神様が上筒男命(うわつつおのみこと)、中ほどから現れた神様が中筒男命(なかつつおのみこと)、水の下から現れた神様が底筒男命(そこつつおのみこと)です。随神が先導し舞台に登場し、それぞれの神様の舞が始まります。随神が弓の舞を行い、上筒男の神が指扇の舞や折り紙の舞で舞台を清める舞を行います。次に中筒男の神が大きな幣束で奉幣の舞を行い、底筒男の神が二本の扇子を大波小波に見立てて四方を舞い清めます。

そして底筒男の命は、式三番叟を呼び出し、ここで目出度く舞をするよう指示します。式三番叟は、五人囃子を呼び出し、笛・太鼓などの鳴り物に合わせ、目出度く舞を行います。

三輪の神杉(みわのかみすぎ)

この演目は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)と活玉依姫(いくたまよりひめ)の恋物語です。

美しい活玉依姫のもとに、夜遅くたいそう美しい貴公子がやってきて、二人はたちまち恋に落ち、姫は身ごもります。毎夜やってきますが、いつもある時間になると体が震え出し、帰ってしまいます。

素性の分からない貴公子を不審に思い、活玉依姫の父は、お供にある知恵を授けます。いつものように、姫の元にやってきた貴公子の体が震え出した時に、お供は姫の父から言われたとおり、麻糸を通した針を貴公子の着物に針をつけました。

翌朝その糸を見てみると鍵穴から外に出ており、その糸をたどっていくと美和山(三輪山)の神の社に続いており、その貴公子は大物主大神であり、お腹の子が神の子であると知るのです。

熊襲征伐(くまそせいばつ)

景行天皇の皇子、小碓命(おうすのみこと)は、たびたび反乱を起こす熊襲建(くまそたける)を征伐するようにと父上から命じられ、屋敷に行くと、ちょうど熊襲建の新しい館の完成で宴が開かれているところでした。

小碓命は女装をし、宴に紛れて熊襲建に近づきました。お酌をし、舞を舞い、熊襲建が酔い、寝静まったところで、命令のとおり、平定させるため争いになり見事に打ち負かします。

小碓命があまりにも強いので、演目の中で≪神楽歌≫が詠まれます。

熊襲建「暫く 暫く その御剣動かしたもうな 西の国において我より強き御身 今し何神にて候」

小碓命「我は景行天皇の皇子 大和小碓と申すなり 熊襲建 悪役無礼なるによって 刺し殺せよとの命なりなるぞ」

熊襲建「今よりのちは 日本武尊(やまとたける)と御名を捧げ奉らん」

ヤマトタケルの誕生となったとされるお神楽です。

一覧に戻る