年中行事
秋季例大祭
例大祭
年間の祭典において最も重要なお祭りです。毎年9月15日に行われます。祭典後、竹間澤神楽の巫女舞と御神楽が奉納されます。竹間澤神楽とは川越藩の神楽師として活躍していた前田筑前の社中に伝わった神楽です。式三番で幕をあけ、夜遅くまで芸術性の高い壮麗なお神楽が奉納されます。
祭典 11:00から
巫女舞の奉納 15:00頃
御神楽の奉納 16:00頃〜20:00
演目 「住吉三神〜寿式三番叟〜」 「稲荷山千箭」 「山海交易」
秋季例大祭神楽
■住吉三神〜寿式三番叟〜
住吉三神・式三番

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、妻 伊邪那美命(いざなみのみこと)を迎えに黄泉の国に行きました。しかし変わり果てた、妻の姿を見て逃げ帰ってきました。黄泉の国から帰って、阿波岐原(あわぎはら)の水で身を清めているときに現れた神様が、最初に登場する住吉三神の神です。

本日の神楽はここから本舞台となります。水の上から現れた神様が上筒男の命、中ほどから現れた神様が中筒男の命、水の下から現れた神様が底筒男の命です。随神が先導し舞台に登場し、それぞれの神様の舞が始まります。随神が弓の舞を行い、上筒男の神が指扇の舞や折り紙の舞で舞台を清める舞を行います。次に中筒男の神が大きな幣束で奉幣の舞を行い、底筒男の神が二本の扇子を大波小波に見立てて四方を舞い清めます。

そして底筒男の命は、式三番叟を呼び出し、ここで目出度く舞をするよう指示します。式三番叟は、五人囃子を呼び出し、笛・太鼓などの鳴り物に合わせ、目出度く舞を行います。

■稲荷山千箭(いなりやまちのり)

稲荷大神は、天の宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)として、穀物を司る神様です。また、商売繁盛や五穀豊穣の神様としても広く信仰され、その社は多くの町村の家々にも祀られており、福利安寧を守護としている稲荷大神。

この神楽では、皆さんご存じの神様の稲荷大神のお使い神の天狐(てんこ)が登場します。

稲荷大神は、民を苦しめる鬼を退治しようと力のある千箭(ちのり)の命に、鬼を退治してきなさいと申付け、弓を授けます。千箭の命は、稲荷大神の命令の通りとおり、勇ましく悪鬼を退治に出掛けて行きます。最後にお供が里神楽独特の舞を仁羽(にんば)の曲で行います。

山海交易(さんかいこうえき)

邇邇芸命(ににぎのみこと)は、二人の息子の火照命(ほでりのみこと)と火遠理命(ほおりのみこと)の兄弟を呼び、用意した釣り竿と弓矢を授けます。二人の気性を察した、邇邇芸命は兄に釣り竿、弟に弓矢を授けました。しかし、気性の激しい兄の火照命は、釣り竿では面白くなく、弟の火遠理命に弓と釣り竿を取り替えてくれと迫り、交換して海と山に出掛けていきます。

弟の火遠理命は、海で釣りを始めましたが、大きな魚に針を取られてしまいます。途方に暮れているところに、兄の火照命がやはり弓と釣り竿を元の通りにするように現れます。釣り針をなくしたことを知った、兄の火照命は探すように責め立てます。途方に暮れ、お供が探し始めると塩椎の神が現れ、針は竜宮にあると占ってくれました。

塩椎の神の占いにより、弟の火遠理命とお供は竜宮に到着しました。

竜宮の豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)に話をすると、綿津見の神(わたつみのかみ)に釣り針を探すよう申付けます。綿津見の神は、針を飲んでいる鯛の赤目から釣り針を取り戻し、豊玉毘古命に報告します。豊玉毘古命は、弟 火遠理に 兄 火照命の横暴を鎮める策を伝えながら釣り針を返しました。

兄の火照命に釣り針が見つかったと報告する時に、豊玉毘古命の言う通りにすると兄は激怒し責め立てました。しかし、豊玉毘古命に授けられた塩満珠(えんまんじゅ)と塩乾珠(えんかんじゅ)を使ったところ、兄の横暴がおさまり改心しました。

火照命は海幸彦、火遠理命は山幸彦ともいわれ、神楽の題目も「海彦・山彦」と言われる場合もあるほどです。