年中行事
秋季例大祭
例大祭
年間の祭典において最も重要なお祭りです。毎年9月15日に行われます。祭典後、竹間澤神楽の巫女舞と御神楽が奉納されます。竹間澤神楽とは川越藩の神楽師として活躍していた前田筑前の社中に伝わった神楽です。式三番で幕をあけ、夜遅くまで芸術性の高い壮麗なお神楽が奉納されます。
祭典 11:00から
巫女舞の奉納 15:00頃
御神楽の奉納 16:00頃〜20:00
演目 「住吉三神 五人囃子」 「紅葉狩」 「敬神愛国」
秋季例大祭神楽
■住吉三神(すみよしさんしん) 五人囃子
住吉三神・式三番 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、妻 伊邪那美命(いざなみのみこと)を亡くし、思いは募るばかりの毎日でした。 ある日、伊邪那岐命は、妻が黄泉の国の人になっているのを承知の上で、黄泉の国へ迎えに行きました。
 伊邪那岐命は、あまりにも変わり果てた妻の姿を見て、驚いて逃げ出しました。変り果てた姿を見られてしまった伊邪那美命は、黄泉醜女(よもつしこめ)に、伊邪那岐命を捕らえるように命じて後を追わせました。伊邪那岐命は、黄泉比良坂(よもつひらさか)まで逃げ行き、そこにあった桃の実を三個取って、追いかけてくる黄泉醜女に投げつけました。黄泉醜女はたまらず逃げて帰っていきました。しかし伊邪那美命はあきらめず、自ら黄泉比良坂まで追いかけて来ました。そこで伊邪那岐命は、大きな石で黄泉比良坂の入り口を塞いでしまいました。伊邪那美命は「愛しき夫よ、貴方がこの様な事をなさるのなら、貴方の国の人を、一日に千人ずつ殺します。」と言い、伊邪那岐命は、「愛しき妻よ、お前が一日に千人殺すのならば、私は一日に千五百人の子供を作ります。」と言いました。そのため、以後、人口が増え続け栄えたと伝えられています。
 伊邪那岐命が黄泉の国から帰って、阿波岐原(あわぎはら)の水で身を清めている時に現れた神様が、住吉三神です。本日の神楽はここから本舞台となります。まず水の上から現れた神様が上筒男の命(うわつつのおのみこと)、次に現れた神様が中筒男の命(なかつつのおのみこと)、三番目に現れた神様が底筒男の命(そこつつのおのみこと)です。初めに随神の先導で登場します、舞台の中央に底筒の神、左、右に座ります。まず随神が弓の舞で舞台を清め、次に上筒の神が折り紙の舞、刀の舞で四方を清めます。次に中筒の神が幣の舞、底筒の神が二本の扇子で大波小波に見立てて四方を舞い清めます。
 そして底筒の神は、式三番(しきさんばん)を呼び出し、ここで目出度く舞をするように申しつけます。式三番は五人囃子を呼び出し、笛・太鼓・鳴り物に合わせて、「トッパ」の曲で目出度く舞をします。
    『おおさんや、おおさんや、喜びありや、喜びありや、
              本日の喜びを、ほかにはやらじと』
■紅葉狩
 平維茂(たいらのこれもち)は美しい紅葉を眺めながら盃を重ねておりますと、大勢の供をつれ妖艶なる美女が何ともなく現れ維茂の宴に加わりました。
維茂は美しい姫に舞を舞うように申し付けます。快く承知した姫は紅葉の枝をあしらいながら妖艶な舞を舞います。
 維茂はその舞の美しさにうっとり我を忘れ、いつしか深い眠りに入ってしまいました。これを見た姫の美しい顔が急に見るからにおそろしい形相となって維茂につかみかかろうとします。そして又、姫の姿にと何度となく変身。維茂に襲いかかろうとしますが維茂に隙がございません。鬼女はしかたなく退散しますと元の静寂に戻ります。すると山の神が現れ、「かの姫こそ戸隠山の鬼女なり。汝この場に長居せば命あやうし」と告げます。
 神のお告げに驚いた維茂は従者を引きつれ鬼女の後を追い、目出度く鬼女を打ち滅ぼします。美しい姫からおそろしい鬼女に変身する様を里神楽独特の手法をもって演じます。
敬神愛国
 恵比寿様が下羽で登場し、指扇をして正に決まります。
 次に下女が登場します。曲は昇天に変わります。舞台を一周して、だんな様に一礼します。恵比寿様は「こちらに座を取りなさい」と下女にいう。
 次に大黒様の登場。お供のモドキも一緒に登場し、正に決めて下手に行きます。大黒様はお供に「恵比寿様の家に行って様子を見て来なさい」と命じますと、お供は「かしこまりました」と答え、恵比寿様の家に向かいます。やがて、お供は恵比寿様の下女のオカメさんと一緒に出て来まして、二人で面白おかしい仕草を繰り返します。
 モドキは大黒様に「恵比寿様が、どうぞ家の中にお入り下さい、と言っています」と告げますと、大黒様は「それでは」と恵比寿様の家に入ります。恵比寿様が大黒様を迎え「これはこれは、どうぞ」と上手に座を進めます。大黒様が上手に座り、恵比寿様は下手に座ります。
 恵比寿様は下女のオカメを呼び「あなたは、あちらに行ってお酒を持って来なさい」と命じます。オカメはお酒を持ってモドキとともに面白おかしくお酒を運んできて、お酌をします。
 恵比寿様が大黒様にお酌をし、「私が何か酒の肴になるものを釣りましょう」と、釣り竿と鈴を持って舞を舞います。その舞にモドキも加わりまして、大きな鯛を釣り上げます。恵比寿様はその鯛を抱えて座を取ります。
 大黒様は、「こんなにたくさん御馳走になりましたので、私が宝蒔きの舞を舞いましょう」と、小槌と扇子を持って上舞をします。舞が終わると、神楽歌があります。

 大州、出雲の国を作りかためし大黒天なり 本日おいでの皆様方に
良き幸せをお招き申さん いでいで宝を参らせん

 大黒様は恵比寿様に向かって「今度はあちらに行って飲み直しましょう」と言って、大黒様と恵比寿様は退場します。その後にオカメとモドキが人羽よろしく舞を舞います。