年中行事
元旦祭
元旦祭新年を迎え、国の隆昌と皇室の繁栄、氏子崇敬者の安泰を祈願します。
初詣
初詣大晦日の夜、境内の参道には年明けを待ち望む参拝者の長い列がつくられます。午前零時、神主が鳴らす太鼓の合図で新年を迎えます。
熊手市
熊手市日本で一番はやく開催される熊手市です。境内に威勢のいい声が響き渡り、盛大に繰り広げられます。開運招福を願う人々で境内が賑わいます。
節分祭
節分祭神社には鬼がいないので、「福は内、福は内」の掛け声で豆をまきます。その豆を拾おうと境内には多くの人が集まります。またはこの日は立春ということで、「立春大吉」の御札を授与しています。
春季中祭
春季中祭氏子の多くの参詣のもと、古式ゆかしく執り行われます。また同時に招魂社の例祭も執り行われます。
人形供養祭
人形供養祭長年お子様の成長を見守り、身代わりとなって厄災を引き受けてきた人形をお焚き上げし、供養します。
夏至祭
一年で最も日が長いとされる夏至の日に、万物に恵みを与え、生命を育む天照大御神に五穀豊穣、事業繁栄を祈願します。
夏越の大祓
夏越の大祓心身についた罪穢れを祓い清めるため、「大祓え」の神事を行います。罪や穢れを移した形代を持ち、境内の茅の輪をくぐり無病息災を祈ります。