年中行事
おかまじめ
新しい年も火事などの火の禍がなく、食べ物に困ることも無いようにと火の神様である竈の神様(竈三柱大神)の荒神様を迎える準備をします。 台所、居間などにある神棚のお札も新しいお札に取り替え、幣束を一本立てます。ここに新年の神様「年神様」をお迎えいたします。「晦日祓」は大晦日に、家の内外を祓うのに使います。祓った後は、門口や辻にさして、魔除けとします。古いお札類は神社に納めてください。
期間 平成29年12月22日(金)(冬至)より12月30日(土)
時間 午前9時より午後5時まで
場所 社務所
初穂料 一揃 2,200円
(大神宮様・荒神様・歳神様・晦日祓・〆一束)
*荒神様には御札もあります。台所の事情によりお申し出ください。
■冬至
冬至の御神札・大祓の形代・神賜の柚子をご希望の方は、12月21日までにお申し込みください。
初穂料 一世帯 3,000円
「冬至の大祓祭」終了後お渡しします。冬至の御神札の頒布は当日のみです。
午前8時半 冬至の大祓祭 斎行
大祓の形代は、12月30日まで年越大祓の神札と合わせて1,000円で頒布しています。 社務所受付で、必要な人数分をお受け下さい。
  • 年末の納め物(御神札やしめ縄、熊手等)は、12月15日よりお受けします。
  • 人形や羽子板は人形供養として別扱いになります。
    年内は冬至(22日)までの受付になります。